札幌 メタルフリー治療 は 「さいとう歯科」

さいとう歯科

住所
〒063-0052札幌市西区宮の沢2条2丁目4-7
交通
東西線・宮の沢駅徒歩約8分 / JR・中央バス「西町北20丁目」停留所徒歩約5分 / 駐車場10台有、白い恋人パーク裏側方向

ご予約・お問い合わせはこちら

メタルフリー治療

金属の影響

二次むし歯・歯周病のリスクがある

保険治療では、治療費が安く済むというメリットはありますが、金属の詰め物や被せ物を使用することで、様々なデメリットがあります。その一つ目が「二次むし歯・歯周病になりやすい」というデメリットです。二次むし歯とは、むし歯が金属の詰め物や被せ物の下で再発してしまうことです。

そして歯周病は、お口の中の細菌が歯を支える骨を溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまう病気で、様々な全身疾患と密接な関係があります。では、どうして、金属の詰め物・被せ物では、二次むし歯や歯周病になりやすくなってしまうのでしょうか。

A.銀歯は汚れがつきやすい

銀歯の表面には、実は見えない小さな傷がたくさんあります。そして、その傷の中に細菌が詰まっています。

この傷の中の細菌は、歯ブラシで磨いても取れないので、どうしてもお口の中にべとべと感が残ってしまいます。そしてそのことが、二次むし歯や、歯周病を進行させる原因となるのです。

B.銀歯は錆びたり劣化する(歯との間に隙間ができてしまう)

銀歯が錆びたり劣化すると、歯と銀歯の間に隙間ができるので、銀歯の下に、二次むし歯ができてしまいます。

お口の中は酸性、アルカリ性、熱い、冷たいなど過酷な環境です。金であればこのような環境でも変化しませんが、保険の銀歯(金銀パラジウム合金)は、金が12%しか含 まれておらず、銀やパラジウムがほとんどを占めています。そのため、銀歯が錆びたり劣化して、銀歯の下に二次むし歯ができやすくなるのです。

C.銀歯は接着ではなくセメントで合着して

銀歯は、歯に「接着」するのではなく、「合着」といって、セメントではめ込む形となります。

・接着の場合、例えば、物質(修復物)と、物質(歯)の接触してる面を接着剤が媒介して化学的に結合します。

・合着の場合、例えば、物質(修復物)と、物質(歯)の間のデコボコしているところに、セメントが入り込んで固まることで、とれないようになる、という機械的な原理です。

このように、銀歯はセメントで合着しているため、化学的に歯に結合しているわけではないので、お口の中の過酷な環境によって、セメントは徐々に溶け、セメントのあった部分が隙間になり、銀歯の下に二次むし歯ができます。

D.銀歯は天然の歯と熱膨張係数が異なる

物質は熱くなると長さや体積が少しずつ大きくなります。この現象を熱膨張といい、材料によって伸びる長さは異なります。

温度が1℃上がったときにどれだけ伸びるかを調べたのが熱膨張係数です。

銀歯は天然の歯とは熱膨張係数が異なるため、温度による膨張、収縮により、隙間ができ、そこからセメントが流れ出て、二次むし歯になりやすいといえます。

歯科材料係数備考
エナメル質11.4備考
セラミック10.5e-max
コンポジットレジン26-40備考
銀歯15備考

さいとう歯科での調査結果

さいとう歯科では、銀歯をはずしたときの、二次むし歯の発生率、ガルバニー電流による焦げの発生率を調査いたしました。調査総数は106件となります。

二次むし歯などの早期発見がしにくい(障害陰影)

銀歯の影響としては、むし歯再発の早期発見がしにくくなることがあげられます。レントゲンで撮影しても、銀歯の部分は白くなってしまいます。(障害陰影)この障害陰影によって、中が二次むし歯になっていても、透けないので視診でもわからない、また、辺縁がむし歯で黒くなっても気付きにくいというデメリットがあります。

金属アレルギーのリスクがある

皮膚炎、口内炎、喘息、掌せき膿胞症、かぶれ、不定愁訴、生理不順、肩こり、頭痛、腰痛、ひざの痛み、立ちくらみ、めまい、自律神経失調症、内臓疾患など、なかなか良くならないその症状は、お口の中の歯科金属が原因かもしれません。ピアスやブレスレットなどのアクセサリーは外せますが、歯科金属は自分で外せません。

金属が汗や唾液などによってイオン化すると、金属イオンが体内に入ってきます。体内に入ってきた金属イオンは、身体の中のたんぱく質と結合します。この、「金属とタンパク質とが結合した新しい物質」を、身体は「異物」と認識し、次に同じ金属が体内に入ってきてたんぱく質と結合した時、身体がそれを攻撃しますが、同時に、皮膚や粘膜をも破壊してしまい、「金属アレルギー」となります。

金属アレルギーは「遅延型のアレルギー」のため、金属に接触してすぐに症状が出るわけではありません。そして特定の金属で一度金属アレルギーになると、一生続いてしまうという側面も持ち合わせます。

銀歯は口腔内にガルバニー電流を発生させる

ガルバニー電流とは、歯科金属が口腔内に複数ある場合、唾液を介してイオン化、流出し、銀歯間を流れる電流のことです。

このガルバニー電流によって銀歯の裏側には焦げなどができることもあります。

また、ガルバニー電流の影響で、銀歯と歯を合着させているセメントが溶け出してしまい、銀歯と歯の間に空間ができることで、食べ物のカスや菌が入り込み、二次むし歯を引き起こします。

さらに、人の体には微弱な電流が流れていて、脳はこの微弱な電流によって全身をコントロールしています。ガルバニー電流が発生すると、精密機械が妨害電波で誤作動する現象のように、脳からの指令が混乱してしまいます。

その結果、体の痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状を引き起こす可能性があり、ガルバニー電流が原因と気付かないまま、自立神経失調症や更年期障害と診断され、不快な症状が続くと言われています。

審美性の面でリスクがある

主に前歯で使用される保険の金属とプラスチック 硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠は、前歯部の歯(犬歯~犬歯)を失ったり、 むし歯になったりした時などに、裏側は金属で作り、外から見える前側は、硬いプラスチック材(硬質レジン)を貼り付けたものです。

表側のプラスチックが、経年劣化で黄ばんで目立ってくることから、審美性で悩まれる方が少なくありません。

主に奥歯で使用される保険の金属 メタルインレー・メタルクラウン

メタルインレーは銀歯の詰め物、メタルクラウンは銀歯の被せ物です。主に金銀パラジウム合金が使用されます。

笑った時などに見えてしまうことを気にされる方も少なくありません。

被せ物のための土台に使用される保険の金属 メタルコア

「コア(土台)」は、被せ物を固定するための土台で、保険治療では、金属の土台(メタルコア)が多く使われています。

このメタルコアの使用により、「ブラックマージン」を生じてしまうことがあります。ブラックマージンとは、クラウン(差し歯)やブリッジなどの補綴物や、メタルコアなどの金属が露出してしまうことで、補綴物と歯茎の境目に出きる黒いラインのことです。審美面において大きなマイナスとなるので、悩まれる方も少なくありません。また、メタルコアの使用により、「メタルタトゥ」を生じてしまうこともあります。

メタルタトゥーとは、クラウン(差し歯)やブリッジなどの補綴物や、メタルコアなどの金属が錆びて溶け出して歯肉に沈着し、歯茎が黒く変色してしまうものです。

「金属の刺青」とも言われているように、歯肉の奥深くまで金属イオンが浸透しているため、簡単に取れないことが多く、外科的にメスなどで切り取る手術が必要になります。
メタルタトゥも、審美面において大きなマイナスになるため、悩まれる方も少なくありません。

メタルタトゥ

歯根破折

メタルコアを使用することで、「歯根破折」のリスクが高くなります。
メタルコアは歯よりも硬く、さらに「くさび効果」も相まって、歯を割ってしまうのです。

2年以上経過した銀歯のある方へ

銀歯はレントゲンでは真っ白に写ってしまうため、中がむし歯になっても検査で調べることはできません。当院では、装着してから2年以上経過した銀歯に関しては、1度外して中にむし歯が無いか確認してみることをお勧めしています。

治療方法について

さいとう歯科

地下鉄東西線・宮の沢駅徒歩約8分
JR・中央バス「西町北20丁目」停留所
駐車場10台あり(大型車駐車可能)

ご予約•お問い合わせはこちら

011-661-1678 011-661-1680

新患・急患受付可能です。「ホームページ」を見たと伝えて下さい。

月〜金
9:30〜20:00
9:00〜13:00

住所:〒063-0052 札幌市西区宮の沢2条2丁目4-7
   (チョコレートファクトリーさん裏側方向)

内容:一般歯科 小児歯科 矯正歯科 口腔外科 ※キッズスペースあり

© SAITOU Dental Clinic
スマートフォンサイトへ